キャブレターについて知っておきたいこと

知っておきたいこと

ハーレーには、キャブレターというエンジンのパフォーマンスを高めるパーツが取り付けられています。具体的には、エンジンに送り込まれる混合気の容量や空気とガソリンの比率を調整するというのが、このキャブレターというパーツの役割となっており、それを交換することによってハーレーの始動や発進が変わってきます。また、スロットルのレスポンスや燃費にも影響を与えるパーツですので、自分なりの乗り心地を追求する愛好家のなかには、理想の走りを追求するためにキャブレターを交換する人が少なくありません。

キャブレターにはいくつかのタイプが存在しているため、交換する際には、各タイプの特徴を把握しておく必要があります。一つ目は、固定ベンチュリー型キャブで、これはバタフライバルブがスロットルと連動することによって混合気を調整するという比較的シンプルな構造をしているキャブレターです。口径が大きいため、爆発的なパワーを生み出しやすく、いかにもハーレーらしい太いエンジン音を演出するためにもってこいです。

二つ目は、負圧可変ベンチュリー型キャブです。こちらは、吸気負圧を使ってベンチュリーの口径を変化させる仕組みになっており、太い音と対照的にマイルドなレスポンスを生み出せるという特徴があります。加速力はそれほどありませんが、ハーレーならではの音と乗り心地を楽しむには適したキャブレターです。三つ目は、強制可変ベンチュリー型キャブです。スライド式のバルブをスロットルと連動させて上下に動かすことによってベンチュリーの口径を変えるもので、3つのタイプの中でもっとも大きな加速を生み出すことができます。そのため、乗り心地だけでなくスピード感も追求したい人に特におすすめです。

ハーレー赤黒