高速道路や山道を走行する時の運転性と走行技術

駆け抜けるハーレー

ハーレーは、力強い走りと大型車ならではの安定性が特徴になります。とはいえ、いくらバイクとしての運転性が高くてもそれを過信し過ぎてしまうと事故に繋がってしまうこともあるので気を付けなくてはいけません。
中でも注意すべきシチュエーションが高速道路と山道です。
高速道路は一定の速度で走行できる上に、信号での停車、横道からの飛び出しの心配がないという理由から、一般道に比べて安全性が高いと考えられています。しかし、こうしたメリハリのない走行が気持ちの緩みを生んでしまうケースも少なくありません。ツーリングなどで長時間走行する時はこまめに休憩を取って気持ちをリセットさせることが大切です。高速道路での走行ではポジションも重要になります。バイクは道路の左端を走るという固定観念を抱いている人もいますが、これは一般道での話です。ある程度のスピードが出ている高速道路では車線の中央を走って自身の存在をアピールすることが安全に繋がります。

山道はバイクの走行で特に難しいと言われるシチュエーションの一つです。石を始めとした障害物、野生動物などの飛び出しといった一般道にはないアクシデントが起こることも珍しくありません。高い走行技術と併せて危機回避能力も求められます。ハーレーで山道を走る時は、広い視界を確保するためにシートの角度を調整して上半身を起こした体勢をキープするのが基本です。この体勢は足全体に力を入れやすく、通常よりもアクセルやブレーキを踏み込みやすくする効果も得られます。運転に慣れていないライダーは安全を意識し過ぎてカーブや下り坂でブレーキに頼りがちですが、過剰な使用は摩耗に繋がるので注意が必要です。緊急時にブレーキが利かなくなるといったトラブルを避けるためにも、アクセルワークでスピードを調整することが山道を走るコツと言えます。